FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットが無料になる無線LAN アダプタ

中国で大ヒット中の「一生ネットが無料になる機器」とは!?

この記事を職場で見たのは、つい最近。
たまには仕事に関係する本職寄りのネタを。

WEPの危険度がさらに拡大、解析ソフトつきの無線LANアダプタが発売される

中国では「一生ネットが無料になる機器」と知られているようだが、
ついに日本でも売られているのか。

日本で使っていいのか、許認可の問題を除いたとしても、
空中戦電力が普通の無線LAN カードの数倍と謳われていて、
これも無視したとして.....
いやコンシューマレベルだと、売られているなら使ってヨシ。
こうなるんだろうな。

WEP しか暗号面を実装しないアクセスポイントは、まずは
通信内容が傍受されてしまう危険性がある。
これは企業では問題になるのだろうが、コンシューマーなら
さほど問題にならない可能性がある。
だからといって問題がないわけじゃない。勿論。

一方で、キーを解読されてしまうとアクセスポイントに
簡単に接続されてしまうので、タダ乗りされる危険性がある。
これはちょっと深刻な事態にもつながりかねない。
ファイルやデータを盗られたり、管理の悪いマシンがあれば
何かを仕込まれてしまったり。

で、WEPしか設定が出来ない場合でも、アクセスポイント側が
MAC アドレスフィルタリングできるなら、それを併用する。
アクセスポイントが接続元を管理する方法。
これは若干効果がある。
アクセスポイントに登録していない無線LAN の接続元は
接続させないって方法なのだ。

コンシューマ向け製品(昨今はプロと呼ばれる人達向けでさえ)は
簡単、お手軽、一発ポン! つまりバッファロー方式が好まれる。
確かに楽チンだ。
これが問題かというと、殆どのケースは問題は一つもない。
ただし、そのメーカを信用していいのか、それは個人にかかるんだよね。
日本で一般的なメーカの製品は、中国で話題になる極悪グッズよりも
そりゃー、格段に安全で安心できるけど。

で、こういう話の前提は、自分が所持している
無線LAN アクセスポイントが野良なのか、野良じゃないのか、
まずはココ。
こういうネタが出てきたタイミングだし、一度チェックした方が
いいかもしれない。
気づかないうちに、DS やらPSP なんてお手軽グッズを握り締めた
小僧共に、タダ乗りされていないとも限らない。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

(も)

Author:(も)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。