スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows 7のグラフィックはMacを目指した らしい?

マイクロソフト社員、「Windows 7のグラフィックはMacを目指した」と発言

アレゲな記事より

RC版しか使った事がないWindows 7 ではあるが、Vista よりは
人気があるらしい報道もある。

Windows の優位性は、ハードウェアの選択肢が格段に多いこと。
パソコンとか呼ばれるソレの殆どはWindows で利用できる前提で
設計され、ハードウェアもドライバも最適化されている。
一方でMac は?
まぁね、そんなもんだ。
最速には程遠く、ちょっと前まで割高感がたっぷり。
いや、一部のノート系を除けば今でも同じだ。
選択肢も殆どない。
それでも、そんなチンケなハードの筐体デザインは秀逸な部分もある。
見た目は単なる好みだから、僕にはどうでもいい話だけどね。
オトコの目線で言えば、惚れたネーちゃんの外観の話と同じだろと。
クルマに乗る人なら、買ったくるまのデザインと同じ話だ。
外観に興味がなければ、そんな事はどうでもいい。
あるいは、ブランドに拘るんですか?そうですか。

ソフトのインタフェースは秀逸だ。
全部じゃないかも知れない、それでも機械操作を
日常の行動の一部に置き換えるといってもいい。

Mac をゲーム機と同じ扱いにしてバカにしてみたが、
ふと考えると違う側面に気がついた。
人を惹きこむという部分で考えると、それは凄いことでもある。
携帯ゲーム機と同じように子供から年寄りまでもが、
要は馴れちゃえばいい次元で、それはすぐ馴れる事ができるってこと。
ゲームのように目的が単一で結果も想定されているものと違って、
なんでも出来るかのごとく高機能なソフトウェア群、それを
簡単に操作できるがごとく思わせてしまうインタフェース。
これは本当に秀逸である。

と、結論はいつも一緒だな。
見た目重視のハードのガワはイラネ、所詮中身はWindows パソコンと一緒。
なら、高性能なものや、高品質なものはいくらでも調達できる。
逆も同じで、リーズナブルなマシンなんて、それこそ
Windows の普及で証明されたパーツがいくらでもある。
ドライバがあるかどうか、その程度。
その選択肢がないというのはイケてない。
残念だな。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

(も)

Author:(も)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。