FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心境の変化

道具は使いようだから、なんて思ったこともあったけど。
カメラとレンズでその考え方は完全に変わった。

学者さんがどうこうコネクリまわして云々すれば、きっと
説明がつくのかも知れない。
勿論ツクリ手さんが何を思って設計したか、ここに解はあるのだろう。

道具を選ぶときは、それを手にとって感じるまでは
ただひたすら、もはや想像を超えて妄想をする。
手にとったとて、瞬間にわかることなんて僅かなんだと思う。
そのせいか、ゲンブツを手に取らずに買うものに拘りはない。
いや、そんなのアリエンしね。
そこからお手軽ではじめてどーすんだよと。

コンデジからデジタル一眼に変えたキッカケはAF の遅さ。
多分これはイマドキのコンデジなら解決するのではないだろうか。
ところが四半世紀前のマニュアルレンズを買うようになって、
そもそもAF を使わないワケだから、この観点は完全否定。
マニュアルレンズで写真を撮る場合、コンデジの合焦に僕の
ピント合わせの速度が叶うわけがない。

コンデジのマニュアル撮影は骨が折れる。
この発想はそもそも間違っている。
僕の持っているコンデジの場合、普段はズーム調整で使う
レバーを使ってピント合わせもすることになる。
もう直感的じゃない。
むしろ、写真を撮る手順が僕が想像するものと違うのだろう。

イマドキのプログラムモードやAE/AF 自動感度調整だとか
多分自分で考えるよりも格段にキレイな写真が撮れるだろう、
お手軽便利機能よりも、思った絵に近い写真が撮れた時の喜び。
ぶっちゃけ、自己満足の度合いが格段に高い。
その逆も然り。
もうちょっと、もうちょっと、この繰り返し。
ほんのちょっと絞りやシャッタースピードを変えてみて。
ほんのちょっとレンズを向ける角度を変えてみて。
ほんのちょっと被写体との距離や向きを変えてみて。
道具を変えたら?とか、道具を手に持った感覚的な事にまで
まるでイイワケかのように拘ってしまう。

ガラス一枚に違いがあるんじゃないか?
こんな事を思ってしまうと、金も時間も無い人間には
踏み込めない領域になる。
泥沼ってヤツの正体かも知れない。
それでも道具で気持ちは確かに変わる。
僕の場合は。

パソコン?速ければなんでもいい。 :-)
見るのは画面であって、筐体なんぞソコソコ大きくて
エアフローが確保できてれば。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

(も)

Author:(も)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。